ランニングによるダイエットを効果的に行うには

ランニングによるダイエットを効果的に行うには、正しいフォームでのランニングが重要です。けっして運動中にケガをすることなく、きれいに痩せることのできるランニングを行うようにしましょう。腕を振る時は肩甲骨から、ひじを引き気味にすることで背筋も伸び、腰への負担が少なく済みます足を地面につく時は、着地した足のすぐ上に骨盤から上が乗るような姿勢を心がけるとうまくランニングできます。さらに効果的にダイエットができるランニングをするには、ランニングを少なくとも20分以上続けるようにしましょう。ランニング中に疲れたら歩いても構いませんので、かならず有酸素運動の状態を保ちましょう。始めたばかりの頃は10分、20分と細切れでもダイエット効果は得られます。ランニングに体が慣れてくるにつれて、時間を少しずつ伸ばしていくとダイエット効果がもっとアップします。ランニング時の呼吸は、鼻から吸って口から吐くようにします。吐くことを意識すると、酸素を体内に効果的に取り込み、脂肪燃焼を促進しやすくなります。合わない場合も人によってはあるといえるのが、よく言われる呼吸は吸って、吸って、吐いて、吐いてというリズムで行うものです。十分にダイエット効果は期待できますので、呼吸はあまり意識せずにランニングをしても良いでしょう。筋肉に刺激を与えておくためにも、ランニング前に背中や太もも、ふくらはぎのストレッチをしておくことで効果的にダイエットをすることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ