自分にどんな適性があるかを知ることが大事です

仕事を決める時には、自分にどんな適性があるかを知ることが大事です。適性がわかったら、将来のキャリアプランを作成しましょう。実際に働き始めたら、思い描いていた仕事と違っていたという理由で、勤めてすぐに次の仕事を探し出す人もいます。多くの人が、仕事を始めてからさほど歳月が経過していないのに辞めてしまったりします。社会の風潮の影響もあり、仕事を変えること自体はよくある話となっています。転職という言葉は普通に使われており、転職を1度もせずに、1つの会社に生涯勤務し続けると人の方が最近では少なくなってきています。とはいえ、転職が珍しくなくなってきているといっても、短期間でどんどん仕事を切り替えていると、一つの会社に長く勤められない人間だと判断されてしまうことがありますので、評価を下げてしまいます。無闇に自分の評価を低くしないためにも、適性に合う仕事につくために、キャリアプランをつくって自分の将来像を全体的に描いてみましょう。キャリアプランとは、自分の適性や将来への展望、どんなことを優先して生きていきたいかによって仕事への考え方をまとめることです。今まで生きてきたことで積みあげてきたことや、満足できることは何だったかを考察します。キャリアプランをつくる上では、今までに会ってきた中で強い印象を持った人や、目標にしてきた人を思い出します。人生の中で成功して事や失敗した事などを細かく振り返る作業をしていきます。現在の自分を見つめなおして、スキルや能力なども明確にしていきます。これまでの自分を思い出すことによつて、今後の自分をつくっていく手がかりにします。将来像を明確にすることによって、どんな仕事をしたいのか、どんな働き方をしたいのかがわかるようになります。今までの人生を確認仕直しながらキャリアプランを練ることによって、これからどんな仕事をしたいかや、適性がわかるようになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ